Cカードとは

ダイビングを始めたい場合には基本的なことをマスターするCカードが必要です。
ダイビングを一度もしたことがない人が、やりたいと思った場合には、体験ダイビングをするか、Cカードを取得する必要があります。体験ダイビングについては、インストラクターがついて手とり足取り教えてもらいながら気軽にダイビングを楽しむことができます。ただし、様々な制限があり、自由に泳ぐことができません。ダイビングを自由に泳いで楽しむに講習を受けてCカードを取得することをおすすめします。
Cカードを持っていると、ダイビングを最低限安全に楽しむための知識や技量を得るための講習を受けたという証明になります。このカードは任意の団体が発行しています。このカードを取得しているとダイビングショップのダイビングツアーに参加できたり、スクーバダイビングをする際に必要な機材などをレンタルすることができるようになります。言い換えると、このカードを持っていないとツアーに参加できなかったり、機材を貸してもらえないのです。
Cカードを取得するための指導団体にはPADI、NAUI、SSIなどがあります。どの指導団体にもその団体の資格を持つインストラクターが講習を行っています。スクーバダイビングをしたい場合は、まず以上のいずれかの団体の指導を受け、このカードを取得してから始めましょう。