レスキュー

レジャーにおけるレスキューの必要性やそのための講習プログラムについて,海やプールなどの水でのレジャーを楽しむ人が多くなっています。とくに夏は膿やプールに遊びに行く人が多くなっています。しかし楽しく遊ぶことができればそれでいいのですが、やはり事故が起こってしまう可能性も全くないとは言えません。そこで必要になってくるのがレスキューです。全ではレジャープール管理者養成プログラムというものが行われています。ここでは安全にプールを利用してもらうためにさまざまなプログラムが行われています。ベーシックマインドプログラムでは、リーダとして現場を管理するためにあらゆるコミュニケーションの取り方などを学んでいきます。またアドバンスマインドプログラムでは、事故を起こさないような環境を作ると言うことを学んでいきます。チームワークやモチベーション、人災である水難事故とその現状について学習します。そしてベーシックスキルも行われます。ここでは監視システムの必要性や監視の基本技術を学びます。そしてアドバンススキルへと進んでいきます。ここでは実際のプールを使って水中や水面におけるレスキューやプールサイドにおけるレスキューの方法を学びます。このほかに施設の安全維持管理スキルの向上やリスクマネジメントのスキルアップが行われます。沖縄ダイビング研修生・ワーキングスタディー 募集